活動報告

フォレシア活動報告 【2022.07】

フォレシア活動報告 【2022.07】

今月のフォレシアの活動をご報告いたします。

・クラウドファンディング後の進捗

クラウドファンディングを通してデータドネーションをしていただいた京都府の企業様と、私たちの取り組みに関心を持っていただいた九州の企業様へ、チョイスポケット掲載を進めております。
両立に理解のある企業様の情報を多くお届けできるよう、取り組みを続けてまいります。
皆様からの温かいご支援、本当に感謝いたしております。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

・お知らせ

【秋田魁新報に掲載していただきました】

6月20日、秋田県の秋田魁新報一面の「あきた参院選・私の想い」という記事に取り上げていただきました。
不妊治療と仕事の現状から政治に望む支援など、お伝えいたしました。
引き続き、子供を望む方の負担が少しでも軽減される社会を目指し、当団体も邁進してまいります。

詳しい内容はこちら

➡秋田魁新報電子版

・不妊治療に関わるニュース

6月、山梨大学が胚培養士育成施設を新設しました。
不妊治療には医師のほか「胚培養士」が欠かせませんが、全国的に不足しており、地方での人材確保が大きな課題とされています。
山梨県も同じ悩みを抱えており、山梨大は自前で胚培養士を育成するための研究施設を新設し、実戦的な教育による育成に乗り出したとのことです。
このような課題は山梨県だけではなく、各地方で抱えている現状です。都心と地方の格差が縮小していくよう、取り組みが重要と感じます。