活動報告

フォレシア活動報告 【2021.10】

フォレシア活動報告 【2021.10】

今月のフォレシアの活動をご報告いたします。

・クラウドファンディング後の進捗について

前回もご報告させて頂きましたクラウドファンディング【全国企業調査プロジェクト】について、進展がございましたのでご報告させて頂きます。

現在、秋田商工会と日本商工会の協力のもと全国商工会の企業様にアンケートを実施しております。開始直後から全国の企業様よりご回答いただき、本日までに151社の回答が集まりました。

また、より多くの業種・職種の企業様からデータを集めるべく、他団体への協力依頼も同時進行で進めている状態です。

進捗状況につきましては、今後もご報告させて頂きたく思いますので、引き続きどうぞよろしくお願い致します!


プロジェクトの詳細はこちら

➡不妊治療と仕事が両立できる社会へ【全国企業調査プロジェクト】

・不妊治療に関わるニュース

10月23日、日本産科婦人科学会は体外受精させた受精卵の染色体の数を全て調べ問題のないものを子宮に戻す「着床前検査(PGT-A)」について、臨床研究に加え、不妊治療としての実施も条件付きで認める方針を明らかにしました。

この検査を受けるための条件は「2回以上の流産経験がある」「2回以上の対外受精で妊娠しなかった」「夫婦いずれかに染色体の形の異常がある」3つのケースいずれかに該当する場合としており、一般の医療機関での実施も容認されます。日本産科婦人科学会は施設や対象者の範囲をさらに検討し、年明けにも内規を改定するとしています。

今後、長く不妊治療を続けられている方たちの選択肢が増えることに繋がっていけばと願います。