活動報告

秋田県と委託契約を締結。「不妊治療の地域医療調査事業」にて当団体のテーマが採択されました。

秋田県と委託契約を締結。「不妊治療の地域医療調査事業」にて当団体のテーマが採択されました。

ニューノーマルな時代の不妊治療の地域医療連携~連携で不妊治療と仕事の両立を目指す~

秋田県は3施設、東京都は100施設以上

体外受精 顕微授精 研究
助成金を使って不妊治療が受けられる認定病院は秋田県で3施設、東京都は100施設以上と地域によって大きな差があります。しかも、秋田県では3施設のうち2施設は秋田市の同じ地区にあります。
その為、秋田県の中央以外にお住いの方は片道1時間~2時間かけて通院しなくてはならず、頻繁な通院と仕事との調整が難しく、仕事を辞めなくてはならない方が大勢います。

もちろん、人口比率や病院の経営を考えるとやむをえないことかもしれませんが、住む場所が理由で子どもを諦めなくてはならない社会は改善する必要があると思います。
そのために出来ること、やらなくてはならないことを行います。

➡不妊に悩む方への特定治療支援事業 指定医療機関一覧